09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    Moto Art

    想いを形に。

    HONDA VT250F 

     今回のイラストはHONDAのVT250F、ハーフカウルが特徴的な涼しいカラーリングの中期です。
    VT250F.jpg
    HONDA VT250F 透明水彩

     なかなか古い車体は良い写真が少なくこちらの依頼絵も逆光になってしまっていましたが、白い車体のおかげで淡く鮮やかに描けて良い雰囲気を出せたと思います。

     前回のGT380は70年代の名車ですが、こちらは空前のバイクブームが訪れた80年代からロングセラー、大ヒットを飛ばした名車です。
     80年代前半は今ほどタイヤの性能が良くなく、フラッグシップの750ccよりも400ccが主流だったと聞きます。750ccの重さとパワーにタイヤのグリップが付いて行かなかったんでしょうね。
     ちなみに、このVT250Fと同時期に発売されていたヤマハのRZ250Rの純正タイヤを、僕は自分のボルティーに履かせています。 馬力が2倍くらい違うのに同じタイヤとは、驚きです。

     それまで250ccは400ccの廉価版という向きが強かったのですが、80年代初頭に各メーカーが250ccを専用設計としてリファインし、250ccも爆発的に売れて行ったという動きがあるようです。
     先のRZ250やこのVT250Fはその代表例のようなものでしょう。

     クリップオンハンドルに16インチフロントホイール、カラフルなシートにツインスパーとクレードルの中間のようなダブルクレードルフレームと、パッと見でも如何にも1980年代といったスタイリングです。
     今のVTR250の先祖となるエンジンですが、スペックで40馬力とVTR250を10馬力近くも上回っています。
     クラッチも豪華な油圧式。スペックと速さを追及していたバイクへの熱を感じます。
     ドラムに見えるフロントブレーキはインボードタイプのディスクブレーキとのこと。リアはまだこの頃はドラムです。これが80年代後半になってくると、フロントがダブル、リアがシングルのトリプルディスクブレーキが主流になってきます。豪華ですね。

     絵を載せておいて言うのもオカシイですが、実車からは写真や絵では分からないこの時代の独特の雰囲気というかオーラがあるもので、なかなかに趣深いです。
     ……本来、そういう写真じゃ伝わらない〝空気″を絵で表現出来れば良いんですけどね(^_^;)

     さて、次は順番的に90年代のバイクでしょうか。 もしくは遡ってBMWのR69を描くか…。
     筆が進む方を描こうと思います。

      


    にほんブログ村 イラストブログへ          にほんブログ村 イラストブログ 乗り物イラストへ

    スポンサーサイト

    Posted on 2013/06/18 Tue. 18:00 [edit]

    category: 作品

    thread: イラスト  -  janre: 学問・文化・芸術

    tag: バイクイラスト  透明水彩  VT250F 
    TB: 0    CM: 0

    18

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://shinkfeel.blog.fc2.com/tb.php/85-651b6cba
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list